そのとき、あなたは?結婚についての決断!

結婚前の婚約って必要?

少し前までは、結婚の段取りってありましたよね。まず、プロポーズ、親への紹介、婚約・・・なんてややこしのいかしら。そもそも婚約って何なんでしょう?文字通り、結婚を約束するんですが、昭和より以前あればなにかとわかる気はするのですが、この平成の時代にそんな約束がいるのでしょうか?二人で結婚の約束をすれば、それで、OKでは?と考えてしまいます。そもそも、婚約で必要な置物もなかなか後始末に困るもので、それこそ縁起を考えると粗末にはできません。プロポーズもない場合もあるようですが、婚約は二人の結婚の約束でよいですよね。

逃すわけにはいきません!ゆ・び・わ!

婚約においてなくても過ごせるものはおいておいて、女としてなくてはならないパーツ、それは指輪でしょう。婚約指輪に結婚指輪!婚約指輪は一生ものになりますよね。ビシッと決めたいときに、指に煌くものがあるだけで、大きく違います。結婚指輪は、人によります、毎日身につけるもの考えると、目立たなくてもいいものを着けていたいですよね。金額の分担はそれぞれの事情に合わせるとして、物はよいものを是非この機会に購入したいものです。

さあ、ウェディングです!

ひと昔まえまでよく耳にした派手婚、そして地味婚、今は景気もよくなり、本当に様々なウェディングの形があるようです。これこそ、二人の好みに合わせて、思いっきり楽しみたいものですね。また幸せなことに、ウェディング業界もかなり頑張っていらっしゃるようで、本当にいろいろなウェディング形式の選択ができるようになっているようで、海外で行ってもよし、ホテルでもよし、日本らしく神社でもよし・・・最近ではTDLのようなテーマパークでも盛大に行えるようですね。いずれにしても、二人の思い出に残るウェディングにしたいものです。そして、喧嘩もしながら、もう二度としたくない!と思うのもよいもしれません・・・そうすれば、もう二度と結婚はしない、つまり、ずっと二人は一緒にいるということですですものね。

エンゲージリングと言うのは、女性にとって特別なアイテムですが、マリッジリングと同時につける人もいますから、そのバランスを考えた商品選びをすることも大切です。

続きを読む

知っておきたい!結婚式の予備知識いろいろ

ドレスを安くで購入する方法

中古のウエディングドレスは、実はかなり安く、3万円程度で手に入るんですよ。また、セミオーダーでドレスを注文して、使い終わったあとにレンタルドレス屋に引き取ってもらうこともできますよ。新品のウエディングドレスを着たい人には、特におススメです。そのほか、中国・韓国でオーダーメイドのドレスをつくっているところもあり、日本にある提携店で採寸する、もしくは自分で採寸してインターネットで注文し、中国・韓国で作成する方式もあるんですよ。10万円程度で自分にピッタリの新品ドレスが作成できるので、予算をかけずに新品ドレスを着たい人におススメです。

花嫁の小物を安く済ませる方法

花嫁には、ウエディングドレスのほかにも、いろいろな小物が必要ですよね。ネックレス、ピアス(イヤリング)、手袋、ペチコート、ブライダルインナー(補正下着)、白い靴などなど、どれも欠かせないものばかりですね。しかし、これらのほとんどが一度しか使わないものです。そこで、見えない部分には極力お金をかけない、見える部分はずっと使えるものを買うのがよいでしょう。アクセサリー類は、できるだけ手持ちのもので済ますか、身内から借りて済ませるといいですよ。

花嫁がつける小物の考え方

結婚式につけられるようなアクセサリーを持っていないという人は、今後、友人の結婚式などでつけていけるようなパーティー用のアクセサリーを購入してもいいでしょう。レンタルだと1点5000円くらいしますので、今後のことも考えれば、購入するのも選択肢の一つですよね。手袋、ペチコート、白のストッキングの3点は、購入したはいいものの、結局、タンスの肥やしとなってしまいがちですから、友人や知人に貸してくれる人がいないか探してみましょう。もし見つからない場合には、インターネットで買うのがおススメです。ペチコートでしたら、1000円くらいから買えますよ。

太田での結婚式場をお探しの方は、是非我々におまかせください。皆さんの素晴らしい日を忘れられない輝いたものにできるよう、精一杯のプランをご提案します。

太田市での結婚式場関連のオススメページ

続きを読む